【自宅で遊べる!】タカラッシュ!調査団とおばけ横丁の歌う宝石を体験してみた!

自己紹介

 

はじめに

「自宅で出来る宝探し&謎解き紹介」第八弾!!

こんにちは。タカラッシュ!新人のイカくんです。

私は謎解きや宝探しが大好きで、入社前からいろいろなイベントに参加していました。

今回はタカラッシュ!調査団シリーズ第三弾である「タカラッシュ!調査団とおばけ横丁の歌う宝石」をご紹介いたします。

これまで「タカラッシュ!調査団シリーズ」はリアルイベントと持ち帰り謎合わせて、過去に5作品遊んできました。そのためリアルイベントとの違いや他の調査団シリーズと比べての特徴も含め紹介したいと思います。

ちなみに作品ごとに完結するので、順番は気にせず好きな作品から遊べますよ。

さて、こちらがメインビジュアルです。

タイトルに「おばけ」と入ってるのでもっとおどろおどろしいものを想像しましたが、ご覧のようにポップです。内容にホラー要素は一切ないので怖いものが苦手な方もご安心ください。

・難易度 ★★★★★★(公演体験モード)、★★★★(マイペースモード)

・プレイ時間 公演体験モード:1.5時間、1人で遊ぶ場合:2時間〜

 

タカラッシュ!調査団とおばけ横丁の歌う宝石HP

タカラッシュ!調査団についてはこちら

キットについて

キットの中身をちらっとお見せしましょう。

この宝箱封筒、とても気になります!他にも不思議な道具の一覧表や地図のカケラがあり、冒険心がそそられますね!

 

タカラッシュ!調査団シリーズには、公演さながらのドキドキを楽しみながら宝を探し出す「公演体験モード」と、のんびり自分のペースで宝を探していく「マイペースモード」の2つがあります。

どちらのモードを選ぶかによって難易度も変化するので、お好みにあわせて挑戦してみてください。

今回はイカくんの家族と、一緒に「公演体験モード」に挑戦したいと思います。

 

ゲームスタート

ゲームの進行はLINEで進みます。

事前準備を終えたことを報告すると、YouTube動画のリンクが送られてきました。

動画を再生するとリアルイベントさながらのオープニングが始まりました。

自分の立ち位置や現在の状況、探すべき宝の情報など、丁寧な解説があるので予備知識は何も必要ありません。

他のシリーズを遊んだ人は「今回の隊長はどういうひどい目にあうのだろう……」と想像しながらオープニングを見るのもおすすめです。例に漏れず今回もかわいそうなことになっていました……隊長……

 

「公演体験モード」では、オープニングからエンディングまで一本の動画になっています。画面には常にタイマーが表示され、リアルな制限時間つき公演と変わらない緊張感が再現されています。もし謎が解けなくて大丈夫!動画内で随時ヒントが表示されるので、最後までいかずに終わることはありません。ヒントを見ない選択も出来ます!

 

タイマーを止めてひらめくまで考えたり、「やっぱりマイペースモードにする」と切り替えたりすることも可能です。ここがリアル公演と違って持ち帰り謎ならではのいいところですよね、自分の好きなように楽しみましょう。

 

実際に体験してみて

イカくんは経験者ということもあり、途中までは順調に進んでいたのですが……最後と思われる謎で大苦戦しました。

「こういうことかな?」「こっちじゃない?」「あれ言葉にならない」「もう一回情報整理しよう」と二人でドタバタしていくうちにタイマーのカウントはどんどん減り……

結果は……

お宝ゲットできませんでした……

終了後に解説を読むと、惜しいところまではいってたんですけどね。もっと時間があれば……もう少し落ち着いていれば……と悔しい限りです。このレビューを読んでいるあなた、どうか私の代わりにお宝をゲットしてきてください!

エンディングではとある調査団メンバーの秘密が明かされ、「そうだったのか!」と今までのちょっとした謎が解明されたので必見です。

「タカラッシュ!調査団シリーズ」の中で、今回ならではの要素として「歌」があります。動画のBGMにとある歌がずっと流れているのですが、特徴的なメロディーと歌詞がずっと耳に残り、遊び終わってしばらく経ってもつい口ずさんでしまいます。

楽しい歌がずっと流れるおばけ横丁に、ぜひ遊びにきませんか?

 

さいごに

今回は「タカラッシュ!調査団シリーズ」第三作目の「タカラッシュ!調査団とおばけ横丁の歌う宝石」をご紹介いたしました。

このほかにも「タカラッシュ!調査団シリーズ」は自宅で遊べる多くの商品を販売しています。

ぜひ、チェックしてみてください!

タカラッシュ!調査団とおばけ横丁の歌う宝石のご購入はこちら

LINEスタンプも発売中です!
タカラッシュ!調査団と動かぬスタンプ

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。