【自宅で遊べる!】バースデーダウト~解けるリボンと彼の嘘~を体験してみた!【嘘つきは誰?】

自己紹介

はじめに

初めまして、タカラッシュ!新入社員の#FFFFFFです。

今回は「自宅で出来る宝探し&謎解き紹介」第四弾!!

この企画はタカラッシュの新人が、宝探しSHOPで販売中の「宝探し・謎解きキット」を実際にプレイし、その魅力を皆様にお伝えしていこう!というものです。

突然ですが、昨今の外出自粛により暇を持て余していませんか?
「家で手ごたえのある謎解きをしたいけれど、どれを遊べばいいかわからない!」
「家で遊んでいてもストーリーに没入出来て、キット内容も充実しているものが欲しい!」
そんなあなたにオススメの商品をご紹介します。


こちらが今回ご紹介する、「バースデーダウト~解けるリボンと彼の嘘~」です。
こちらは、累計350万DLを突破したモバイルアプリ「ダウト~嘘つきオトコは誰?~」とのコラボレーション作品です。
証拠を集めながら嘘つき男を見抜いてダウトする新感覚恋愛ドラマと、大人が本気で考え、悩み、ゴールを目指す極上の謎解きが一緒になった、謎解きプログラムとのこと。

↓詳細はこちらのイベントサイトへ!

バースデーダウト~解けるリボンと彼の嘘~

・難易度★★★★☆☆

・ボリューム★★★★★★

チャレンジパラメーターについてはこちら

 

キットを開封してみる

キットを開けると、30ページに及ぶゲームブック方式の冊子や、5つの封筒などが出てきました。


キット内容が豊富で、この時点で既にワクワクさせられますね。

あらすじを読んでみると…

アナタは日々、理想の結婚相手を探すウェディングプランナー。 10人の結婚相手の候補からバースデープレゼントを受け取った。 しかし、オネエの占い師曰く、本当に心のこもったプレゼントは、ただ一つ。 偽物や盗品など、あり得ないプレゼントを全てダウトし、最高のバースデープレゼントをくれたオトコを見極めろ!

…というストーリーのようです。
それでは早速、物語を進めていきましょう。

プレゼントの秘密を探っていく

持っているタロットカードを使って、プレゼントの内容を占ったり、手帳に重要な情報を書き込んで、プレゼントの送り主の情報を集めたりしていきます。


▲タロットカードのデザインが素敵。お見せできませんが、手帳もかわいいデザインで好みでした。

このタロットカードを使って占うのですが、机上でカードを操る動作は占いそのもの。
自宅の机で、実際に占いをしている気分になれて、没入感がありました。

嘘を見抜き、オトコをダウトしていく

次に、集めた情報から不自然な部分を見つけ出し、オトコたちを次々とダウトしましょう。
ここではスマホを使って、実際にオトコたちとやり取りをしながら物語を進めていきます。 その画面もメッセージアプリのようなデザインになっており、実際に会話しているかのような感覚になれます。

推理パートでは、手帳の情報を参考に解き進めていきますが、メモできる空欄が用意されており、重要な情報が一目でわかるようになっています。さらに、解いた後に「これで合っている」という確認が取れる仕様になっており、安心して解き進められます。

最後まで解き終えて

やばい。とても面白かったです。

物語が一本につながる伏線回収や、隠された情報の発見、推理して嘘を見抜いていく楽しさ、作りこまれた謎解き、そしてデザイン…。
あらゆる要素が重なって、とても充実した時間を過ごせました。

私は推理があまり得意でなく、最後まで解けるか不安でしたが、最後まで楽しめました。
それは決して難易度が簡単だったというわけではなく、所々で「アナタ」の考えが語られることが、推理のヒントにもなっていたのです。
さらに、物語はSTEPごとに区切られており、「次に何をすれば良いか」簡単にわかるようになっていました。

おわりに

今回は「バースデーダウト~解けるリボンと彼の嘘~」を体験し、その感想と共に紹介していきました。

こちらのキットは2,000円と少々お高めで、なかなか手を出せない方もいたのではないでしょうか。しかし、この多彩なキット内容や、ストーリー・謎解き・推理のボリュームを考えると、是非遊んでいただきたいと感じました。

原作の「ダウト~嘘つきオトコは誰?~」をプレイしたことが無かった私でも楽しめたので、原作を知らない方にもおすすめです。
↓ご購入はこちらから!

宝探しSHOP「バースデーダウト~解けるリボンと彼の嘘~」

このブログでは他にも体験レビューを公開しているので、是非チェックしてみてくださいね。
明日からは「タカラッシュ!調査団シリーズ」を紹介していきます。そちらもお楽しみに。
それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。#FFFFFFでした。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。