MISSION期間:2022年10月25日(火)~2022年12月24日(土)
※このミッションは終了しました

解答・解説はコチラ

<STORY>

日本の歴史学者の大家、蔵沢教授が突然亡くなった。
中世の武家社会についての発表を控えていた中での突然の訃報は、全国に衝撃を与えた。

1週間後、教授の妻から連絡があった。
部屋を片付けていたら、文献に見覚えのない紙が挟まっていたこと、新聞記事から何か感じること、そして「最近いくつかの絵図に何か繋がりがあることに気づいた」と主人が言っていたことを伝えてきた。

望みは限りなく薄く、何に辿り着くのかはわからないが、調査しないことには気が済まない様子。

少ない情報から、教授がたどり着いた真実を突き止めてほしい。

<TEC第11期概要>
捜索エリア

以下画像の円内が捜索エリアです。
※円の中心は「皇居」です。

クエスト名

TEC限定Extreme Mission vol.13【見果てぬ先の宝剣】

正規捜索期間

2022年10月25日(火)~12月24日(土)

ヒント期間

2022年12月10日(土)~12月24日(土)
※ヒント開示後に発見報告を行った場合、ハンターポイントは半減の25ポイントとなり、賞金獲得権利も失効します。

参加の流れ

①参加キットが届く

ミッション期間の初日に宅急便でご自宅に参加キットが届きます。

②謎を解読

参加キット(宝の地図やDVD、謎の書類等々)を解読し、日本の何処かに隠された宝物を期間内に探し出してください。

③報告

ミッションをクリア出来た場合、その場でHunter’s Villageサイトに<発見報告>をしていただきます。<宝物>と<「TEC会員カード」または「プロハンターカード」>を撮影し、送信してもらいます。
(GPSで場所の確認を取らせていただきます)
※正しい宝物かどうかは本部で確認して捜索期間終了後発表します。

④結果発表

捜索期間終了後、クリア者を公開し、賞金獲得者を発表します。合わせてエージェント達成までの流れ(解答)を公開します。

※画像はイメージです。
※Extreme missionご参加前に必ず参加の注意事項をご確認ください