こんにちは、ゲストさん

Loading

にじいろレイク探検隊(たんけんたい)~信長(のぶなが)が残(のこ)した十九(じゅうきゅう)の秘宝(ひほう)~ リアル宝探しin滋賀県

ストーリー

ストーリー

やあ、みんな。
ボクたちは滋賀県内で数々の伝説や財宝の調査を行っている秘密機関「にじいろレイク探検隊」だよ。
日本最大の湖・琵琶湖があって、様々な歴史の舞台になった滋賀県には様々な伝説や逸話が残されているんだ。
今回、ボクたちは、その昔天下に名を広めた一人の人物にスポットを当てるよ。

その人物の名は、織田信長。

信長は日本で初めて本格的な石垣と大型天守(天主)をもつ安土城を滋賀県内に築いて、ここから天下統一を目指したんだ。
本能寺の変によって、その夢は叶わずに終わってしまったけど、信長は滋賀県ととても強いつながりがあったんだよ。

そして、つい最近、滋賀県内のとある蔵の中から、一冊の古い本が発見された。
その本には、これを書いた人が長年かけて集めた世にも珍しい19の宝物の在りかが載っていたんだ。

その本を残した人こそ、織田信長だった!

常に狙われる立場だった信長は、自分が集めた宝物を密かに各地に隠して、しかも、その在りかが簡単にバレないように暗号にしていた。
つまり、そう簡単に手に入れることができないようになっているんだ!

キミたちも、ボクたちと一緒に信長が残した暗号に挑戦し、宝を見つけ出そう!

(この物語はフィクションです)

ページトップへ